スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mの悲劇 


「死んでしまえばいいのに・・・」


お・・・おっといけねえ


暴言を吐いちまった


こんな俺でもみんなには


仏のおぎょいる様って呼ばれてんだぜ??


え??なに??


そうは見えない??


おいおいおい


こう見えても常に仏のような


穏やかな幸せそうな顔してんだぜ??




どんなに失礼なことをされても笑顔


どんなに暴言を吐かれても笑顔


たとえ顔を殴られようとも・・・笑顔


いっそのことならハイヒールで踏まれたい・・・




そう何をされても笑顔は崩さない


世の人はこれを



Mの悲劇



という・・・


どんなに殴ろうが言葉で攻めようが結局は・・・


快楽


という着地点におちつく


ある意味


つ・・・つええ・・・



なにをされても結局は


快楽に陥るという・・・悲劇


あぁ・・・おそろしや、おそろしや・・・




こんな俺もとうとうSに目覚めちまったらしい


「死んでしまえばいいのに・・・」


これは俺にとってSへの目覚めの瞬間でもあった


実は俺は自宅生のため列車通なんだ


そして、大学駅の隣にある駅には高校が隣接している


そのため、夕方の時間帯となれば列車の中は女子高校生が


あふれんばかりに乗っているのだ



俺は列車通を始めた頃は淡い夢を抱いていた


・・・・・


女子高校生が溢れんばかりに乗っている満員電車


僕はそこに足を踏み入れる


禁断の花園に・・・


そこにはどんな光景が広がってるのかな


白馬に乗った王女様現れるかな・・・


たとえ魔女の陰謀で深い眠りに落ちたとしても


そっと起こしてくれるような王女様もいいな・・・


もしかしたら・・・


あぁ・・・考えただけでやヴぁいぜ


ドアをくぐればそこは楽園だった・・・


そのはずだったのに


あぁなにもかもげんなりだよ


全く萎えるぜ


ドアが開けばそこでは


女子高生が入り口付近で円陣組んで座っていて


お菓子という餌を貪りながら


村の寄り合いなるものが開かれている


大体、議題は男関係・・・愚痴・・・女同士のねたみあい


ってとこか


まあそんなのどうでもいい


入り口付近に座っているため


こいつらがまた邪魔


駅に止まりドアが開こうが、こいつら動く気配が無い


たとえ乗ってくるお客さんがいようとも・・・


まったく邪魔で列車の中に入れやしねえ


そこでは村民達の熱心な討論が続いている


そのうえ声がでかくて、うるさい・・・


こんな光景が


列車の中どこを見ても繰り広げられている


あぁ・・・殺意すら覚えるぜ


殺意を押し殺しながら


僕にできるせめてものの抵抗が



どうかお前ら全員が


○○(な、なんだろう)に失敗しますように



なんて念じているなんて


口が裂けてもいえない


全く俺って


なんてドSなんだろう・・・


こわいぜ俺



まあとにかく


みんなもマナーの一つくらいは守ろうぜ??


それが社会で生きていくうえでの最低限の


ルールなんだしね






そういえば


顔を


10位以内、もう片方50位以内に入ったら公開しようかなー


おっと今の独り言





FC2ブログランキング

(ただいま14位)



(ランキング下降気味の93位・・・)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。