スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禿げの血を引くもの 

そう


僕は


禿げの血を引く


選ばれし者・・・


と同時に


どうすることもできない


運命を抱え込んでしまった


禿げ


これはどうすることもできない


宿命


僕はこの3日間悩んだ・・・


悩んでしまったうえに


とんでもない事実を思い出してしまった


5~6人に一人の法則


そう


5~6人に一人に発症してしまう


血を引くものにのみ許された


禁断の印


禁断であるため


普通の発症の仕方と一味違う


そう


常人より


禿げる時期が早いのだ


ある人は18


ある人は20


そして、ついに僕も・・・!?


最終的には


20代で完全に抜け落ちるらしい・・・


あぁ・・・


僕はこれから旅たたなければならない


これは孤独な戦いなんだ


禿げるのではないかという現実


と一人


戦い続けなければならないんだ


この戦いには


ベホマ(回復系呪文)・・・


どころか


ホイミ(回復系呪文)


すら使えない


この戦いに回復なんてない


できて・・・


現状維持


それが駄目なら


頭のてっぺんを


を偽造しなければならない・・・


あれって


夏場蒸れるんだろうな・・・


なんて現実的なこと今すでに考えてたり・・・


所詮、偽造品


本物に比べ不便に決まってる


それどころか


いつかはばれるに決まってる


それはさておき


この戦いの先には


どんなにあがこうと


完全敗北・・・


この言葉が待っている


あーぁー


完全敗北の後には


皆からの軽蔑


聞こえてきそうな


同級生からの哀れみの声


「お前かわったなー」


とか


「お前老けたー」


とか


「うわーなんかショックー」


全て間接的に・・・


僕は信じます


たとえ


禿げようと


そこには


髪がありし頃と変わらない


友情があることと・・・


こんな


こと書いてますけど


今のところ


禿げる前兆は無いんです




↓よろしければ応援ついでにクリックを



FC2ブログランキング








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。