スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の長所(続編)。 




僕「お兄ちゃんの長所は、


  協調性があり、忍耐強いことだよ!!」





妹「え??ねーやろ??


  だって、




  顔の印象薄いし!!」









僕「え・・・・・。」







それ、ぶっちゃけ・・・関係なくね??


本当にどうしよう、マジで。


この子と会話が成り立たない・・・(汗


 

↑やさしく押してあげてー。

スポンサーサイト

僕の長所。 



妹「お兄ちゃんの長所はなに??」




僕「長所はねえ・・・。」






考えてみた。


ありふれてるけど、


協調性があるとことか・・・。







妹「え??なに??


  妹に服従することって??」








まだ、何も言ってないんですけど・・・。


妹に服従できることが長所って、


何だよそれ・・・。




 

↑が、がんばってるー。

こたつ事件簿。 

コタツでスヤスヤ気持ちよく寝ていると・・・。




ん??




誰かに顔を足で踏まれてる・・・。


足を払いのけるとそこには、


僕を見下ろすように立つ妹が。




僕「なんで、顔踏むの!?」








妹「間違えて踏んだ。」








絶対に嘘だ・・・絶対に・・・。


大体、どう間違えたら人様の顔を踏めるのさ??


妹の分際のくせして、


お兄様の顔を踏むなんて・・・(涙


悔しいけど、僕、これ以上は強く何も言えなかったっとです・・・。



 

↑妹には踏みにじられてるけどおにいちゃん、ランキングは頑張ってるよー。


妹の手料理?? 

妹が昼飯を用意してくれると言い出した。


きっと、レトルトだけど。


で、嬉しい事に以下の2つの選択肢を妹は用意してくれました。






1.デストロイ定食。



僕の体内機能を破壊する気ですか??



2.資本主義の豚定食。



きっと、罵声を浴びせたり、叩かれたり・・・。


そんな、味の濃いフルコースが待ってるはずだ。





あぁ、1も2も生き地獄。


拒否権とか発動したいけど・・・。


僕「じゃあ・・・お任せ・・・。」


頼んじゃった。


で、出てきたのは、ぱっと見は普通のボンカレー。


食べてみたけど・・・何か違う気はするけど・・・ボンカレー。


妹は、僕が口にカレーを運ぶ姿を眺めながら・・・。



妹「味、本当に大丈夫??」



僕「だ・・・大丈夫だけど・・・。

  
  まさか・・・。


  
  ちょッ、お前!?」




妹「おかしいなあ・・・。


  マヨネーズ、タルタルソースとかも入れときゃよかった・・・。」




僕「じゃあ、この中には何が入ってるの!?」





妹「醤油とソース。」





よかったー。


コクを出す隠し味的な調味料で・・・。


本当によかったよ・・・今回は・・・。


うかうか安心して飯も食えやしないぜ。


 
↑が、がんばってるよー。
  
ちなみに、質問なんですけど、オフ会とか何らかの形で

読者との交流の場を設けた方がいいですよね??

何か、いい案とかあればコメントとかで教えてくれたら嬉しいっす。

オムライスの隠し味。 

僕のためにオムライスの玉子の上にケチャップで


文字を書いてくれた妹。


どれどれ、なんて書いてくれたんだろう??



・・・


・・・・


・・・・・







デストロイ






み・・・身震いが・・・。


自己主張強すぎます。


ただの文字なのに、迫力がすごいです。


ちなみに、『デストロイ』とは、


『ぶち壊す』という意味です。


彼女は何をぶち壊そうとしているのでしょうか・・・。


僕の人生??


あぁ、考えたくない・・・。


 
↑やばいー。


ただいま、ミクシーでお友達になってくれる方、募集中です(笑

頭痛。 


妹「頭が痛い、頭が痛い、頭が・・・。」




そんな事をしきりに言うもんだから・・・。


僕、


心配のあまり、ついつい優しい言葉を


妹にかけてしまいました。






僕「それは、


  お前の頭が悪いから


  頭が痛むんやで(笑 。」






妹「お前、首絞めて殺そうか??」






・・・・・。


うん、やっぱり怖いや・・・妹・・・。




 
↑やばいー。
  
   

冷徹女。 

今日はバイト先のiさん、28歳独身女性。


とのブラックジョーク的な会話です。


もう一度言いますよ??


これは、ブラックジョークです。


どーぞ、お楽しみください・・・。




iさん「うわッ、心のない男がやってきた!!」




僕「おつかれさまですー。


  そんなに嫌がらなくても。」





iさん「相変わらず、今日も心がこもってないねー。」






僕「いやいや、


  冷徹女に言われたく無いですよー。」





iさん「ひーどーいー。」





僕「うわッ、言葉が乾いる。」





iさん「おぎょいる君に言われたくありませーん。」





僕「うるさい、この冷徹女!!」




iさん「ひどーい。」





僕「ほら、言葉に心がない。」






実は・・・僕。


意外と強気な一面が僕にはあるんですよね(笑





こんな僕の応援をよろしくお願いします。

    
 

(只今、下降中の9位♪

就活が忙しくて、コメント返しが遅れています。
本当にごめんなさい(汗

卑猥すぎてNO1. 

(注意)今日の記事は今からちょうど1年ぐらいの記事です。


    1年前の妹はこんなことをしていました(笑

   
    ちなみに、以下の詩はメロディーにあってないので、一つの詩として

  
    読んでいただけるといいと思います。




  「世界に一つだけの子種」



原曲 世界に一つだけの花

作詞 妹



  NO.1 にならなくてもいい


  もともと特別な Only one




  肉屋の店先に並んだ


  いろんなソーセージを見ていた


  ひとそれぞれ好みはあるけど


  どれもみんなおいしそうだね


  この中で誰が一番だなんて


  争う事もしないで


  ショーウィンドーの中誇らしげに


  しゃんと胸を張っている


  それなのに僕ら人間は


  どうしてこうも比べたがる?


  一人一人違うのにその中で


  一番になりたがる?




  そうさ 僕らの


  世界に一つだけの象徴


  一人一人違う子種を持つ


  その子を産ませることだけに


  全力投球すればいい






最後に作詞者の感想。




 「うん、


 我ながら卑猥や


 (*´∀`*) 。」



応援よろしくお願いします。

    ↓
 

(9位

アルプスの少女ハイジ 


コーヒーゼリーで腹壊す。




どうも体が繊細なおぎょいるです。


まじで、腹が痛い。


どうしよう。


もしも、妹だったら、僕を殴って腹痛を治すんですけどね・・・。



妹「おなかが痛いから殴っていい??」




なんて言いながら・・・。


本当に殴るから、困っちゃう。


実際に殴ったら、


腹痛が治ったなんて言い出すからかなりビックリだ。


まあ、それはさておき、最近、妹が新たな英語を覚えました。




妹「death by huming(多分、こんな感じの単語)



  って意味、なんだかわかる~??」





僕「あんま良い意味じゃないよね????」





妹「公開処刑って意味らしいよ♪



  death by huming!!!!



  うっけっけっけ。」






僕「そんな危険なワードをどこで覚えたのさ・・・。」





妹「大学だよー♪」







僕「えぇぇっぇぇえええ!?


  ど、どんな授業をしてるんですか・・・。」






妹「なんか、アルプスの少女の


  英文にこんなフレーズが出てきたのー♪」





・・・・・。


アルプスの少女に公開処刑??


そ、そんな危機迫るようなアニメだったかなー(汗


とりあえず、お願いだから僕のほうを見ながら


ニヤニヤするのやめてくれるかな??


あと、death by humingって言うのも。


気味が悪いって言うか、すごく怖いんだけど・・・。



  
あなたの一票が僕を奮い立たせます。打倒妹!!

    ↓
 

(8位




おっかない真実。 



僕の妹は、



僕の口座の暗証番号を



知っています。






どうやら、財布だけではなく、


資金庫自体が危険に曝されているようです。


油断もすきもない妹・・・。


本当におっかない。


恐怖さえ覚えます。


暗証番号すら隠せない兄妹関係。


仲がよすぎて僕は・・・本当に・・・。


困っています(笑


  応援クリックお願いします。

    ↓
 

(7位

欲深い女。 

先日、妹にクリスマスプレゼントをねだられた僕。


まあ、無視だけどね。


しかし、妹はクリスマスプレゼントだけでは満足しません。





妹「なあ、兄ちゃん。」




僕「なに??」







妹「お年玉期待してるから。」





僕「は??なんでお前なんかにあげなきゃならないの??」




妹「私、まだ未成年だし~♪」



僕「死んでしまえばいいのに・・・。」




妹「期待して待ってるからね~♪


  クリスマスといい、お正月といい、


  
  私の収入源を確保できたね ( = ̄+∇ ̄=)v 」





所詮、僕は妹の・・・収入源・・・ _| ̄|○ 。


お願いを無視したところで、許してくれるわけではなく、


自ら僕の財布のお金抜いていく事は目に見えてるんだよね(涙 。


日本には納税の義務とかあるけど、我が家には、


妹への献金という義務が・・・。


本当に泣きたいです。


 
  応援クリックお願いします。

    ↓
 

 

クリスマス・・・。 

もう少ししたら、クリスマスだよね。


嫌な季節がまた、やってくるねえ。


クリスマスだ??あん??


仏教徒でその上、恋人が居ない。


っていう素敵な経歴をもちあわせてる僕には


なーんも特別なことはない普通の日。


とは言いつつも・・・。


天皇の日を無力化しちまうほどおっかねえ、クリスマス。


あー、こえーこえー。


そして、また、おっかないことを言い出すあふぉーが我が家に一人・・・。




妹「今年、私のところにサンタさんくるんやろー??」



僕「は??誰がすんの??彼氏(居ないけど)??


  よかったねー。」










妹「兄ちゃんに


決まってるやん ヾ(*´∀`*)ノ 。」








僕「は??なんで俺が??」



妹「ん??プレゼントはお財布とかでいいよー♪」




僕「だから、サンタとかしないって・・・。」


妹「なに??


今から、計画立ててくれるの??



  まじ、うれしんだけどー ヾ(*´∀`*)ノ 。



  靴下の大きさ、どれぐらいまで 大きくしようかなー  ヾ(*´∀`*)ノ 。


  
  プレゼント靴下に入りきれるかなぁー??」










あぁ、僕には選択肢が無いんだね・・・ _| ̄|○ 


あの笑顔が憎い、あの笑顔が・・・。


 
  応援お願いします。

    ↓
   

お線香にまつわる武勇伝。 

みんなお線香っていったらどんなイメージを抱くかなあ??


例えばね、お仏壇に供えるとかね、お墓に供えたりもするよね??


僕のような仏教徒には切っても切れない


ありがたーい、神聖な道具なんですよね。


そして、とーっても平和な道具の・・・はずなんです。


どう考えても攻撃的な道具に見えないし。


でもね・・・。


世の中にはすごく斬新というか、狂気染みたというか、


仏様から罰が当たるような使い方をする不届き者がいたんですよ。


この事実はね、妹の唐突な発言から発覚したんですよね。


以下は、その時の会話です。







妹「なあ、兄ちゃん??」



僕「おぉ、どうしたよ??」




妹「私ね・・・。」


僕「う・・・うん・・・。」



  





妹「お線香で根性焼きを


  入れられたことがあるんだよ。」







僕「なにいいぃぃいいいい!?」




妹「ほら、ここ見て??


  これが根性焼きの跡。」




僕「あ、本当だ、残ってるね・・・。」





怖くて僕はこれ以上聞くことが出来ませんでした。


なんて、罰当たりな事を・・・。


そう思いながらラッキーと思ったということはここだけの秘密です。


仏様、どうかどうか


罰としては小さな不幸の連続が


妹に襲い掛かる事を僕は強く希望します。


例えば、鳥の糞が顔面に直撃・・・とかね・・・ぷぷ。



 応援お願いします。

    ↓





夢精・・・だって・・・。 

なにを思ったか、


妹は透明フィルムを大きな声ではとても言えない


自分のデリケート部分にあてながら・・・。





妹「お兄ちゃん、これなんだと思うー??


  よくお兄ちゃんが見てるやつだよー♪」





そんなセクハラに近いような問いかけを唐突にしてきた。




僕 ・・・・・。




まあ、スルーってことで。


気付かない優しさってのもね、


時には必要だよね。











妹「夢精臭だよー♪」







僕 ええええええええぇぇっぇぇっぇぇ!!????






うん、ねえ、まじ、どうしよう。


まあね、気付かない優しさってのもね時には・・・。







妹「あ、間違えた。


  無修正だ。


  うっけっけっけけけ♪」






本当にね、なんていうかね・・・。







毎日、見ててごめんなさい。






やっぱね、真実を直視する事も大事だよね・・・マジで。




 応援お願いします。

    ↓


(5位

妹とブログ。 

今日はですね、妹とブログと題して、記事を書いていこうと思います。


きっとですね、このブログを見ている半数の方は


気になってると思うんですよ。


そもそも妹はこのブログの存在を知っているのか!?



って事を。


あの油断もすきもない妹が気付かないはずが無い!!


って思ってる方も居るでしょう。


または、


用心深いおぎょいるさんのことだから、きっと、


妹に隠して上手くやってるはずよ!!



なーんて思ってる方も少なからず居るはずです。


かれこれ、妹に関するねたを書き続けてもうすぐ1年半。


僕は日々脅えていましたよ。


いつかばれるんじゃないかってね。




妹「ねえ、お兄ちゃん??」



僕「なーに??」




妹「何か隠していること無い????(100万ドルの笑顔)」




なーんて問い詰められた日にゃあ、僕の息子も縮みあがりますよ。


でね、シラをきるんです。



僕「無いなー。」




なんてね、平然を装って。




妹「おっかしいなあ??


  じゃあ、これは何かなー(100万ドルの笑顔)??」





僕「あ・・・。


  まじ・・・ごめんなさい(涙 。」






あっという間でした。





妹に関するブログをはじめて3日後、


妹にブログの存在がバレル。






このときね、初めて分かりましたよ。


3日天下って言う言葉の重みを。


そして、思わず、神様のバカ。


って天を仰いでしまいましたよ。


せっかく、僕の居場所を見つけたのに・・・。


しっかりと厳重に隠してたんですよ??


ブログ。


でもね、履歴が真実を語ってくれたそうな・・・。


なんで、妹は履歴なんて見てるの!?


それ以来、妹の厳しい検閲が入っています(気まぐで覗いてる)。


もちろん、コメントも。


表現の自由も妹という権力の前では・・・無力(涙


かと思いきや妹のすごいところは、


記事で何を書いても許してくれるんです。


ここだけはありがたい。


なぜ、許してくれたかというと、


妹に対して好意的なコメントが意外に多かったんですよね。


結局ね、どこに行っても僕の居場所は無いんですよね(涙


あぁ、なんて惨めな僕。


そんな感じで悲劇のヒロインぶってる僕ですが、


ただいま、妹より勅命が下っています。




妹「ここまで書いといて1位にならなきゃ殺すよ??」




勅命というより・・・脅しです。


そんなわけで、今日も僕はせっせと記録します。


妹の暴虐の軌跡を・・・。


いつの日か1位という功績が僕の命を救ってくれると信じながら・・・。





(頑張って1位目指します。

 世の中、ほのぼの家族だけじゃないんだい!!

神様あのね。 

神様あのね、今日、妹に殴られました。


すごく唐突でした。


痛かったです。


結構、力を入れて殴ったんだと思います。


僕は納得がいかなかったので妹に


怒りを覚えました。



僕「なんで


  殴るのおおおぉおおおおぉ!?」



妹「おなかが痛いから殴った。」



僕「八つ当たりじゃん!?」



妹「違うよ、



  殴ったら腹痛が治るんだよ。」





僕「えぇぇぇぇぇええ!?


  殴ったら腹痛治るの!?」



妹「もう一回殴って、


  おなかの調子整えようかな??」



僕「だ、だ、だめだよー。」


妹「かわいそうだから、一回で許してあげるよ。」




こんな会話を繰り広げました。


すごく理不尽なやり取りだと思います。


僕は結構、可哀想だと思います。


決して妹の暴力に喜んでるわけでは無いです。


だから、お願いします、神様。


あの子に小さな不幸の連続をお与えください。


例えば、大学の授業中にオナラが止まらなくなるとか・・・。


どうか僕にはいいことがありますように・・・。


おわり。





(頑張って1位目指します。

 世の中、ほのぼの家族だけじゃないんだい!!



顔露出企画 第2弾。(終了しました。) 

当企画は終了しました。


見れなかった皆さん、ごめんなさい。


とりあえず、今回の企画を持って顔公開という企画自体を


最後にしたいと思いますのでご了承ください。


本当に皆さん、いろいろなコメントありがとうございました!!


8位のブログに対抗してみました(笑

    ↓



(目指せ6位!!

地球は誰かの周りを回ってる!? 

妹が玄関で何か言っています。








妹「地球は


  俺の周りを回っている!!」








妹が言うと、なぜか、かっこよく聞こえます。







妹「俺に食べられない肉は


   やきもちを焼く!!」









意味が分かりません。(多分、ゆうえんちくじらの真似。)


とにもかくにも、この二言だけ残し、妹は外出しました・・・。


この二言が意味するものとは??


僕には『私は実に痛い子ですー。』って


独白しているようにしか聞こえなかったけどね(笑 。



ただいま、紹介文で衝撃告白しています。
  ↓


(7位


最後に、顔の公開方法ですが、明日(12日)の夜11時(スタートが遅れる事あり)
より公開予定です。
で、今回も制限時間を設けます。
普通に制限時間を設けるだけじゃ面白くないので、
明日の夜11時スタート(入浴開始)で
終了は僕が風呂から上がってから
という事にしますのでよろしくですー。
(入浴時間の目安は20分から30分くらいですよー。)

妹との会話。 


妹「昨日、夜遅くまで何してたの??」



僕「友達と釣りしてたよ。」



妹「何人でしてたの??」




僕「6人で。」








妹「え、なに!?


  ずーっと男同士でやってたって!?


  それも6P!?


  そりゃハードやわ。」







なるほどね。


そりゃ、ハードだよ。


どうりで、今日、こんなに疲れてるわけだよ、僕。


って、おーい!!







妹「どーせ、釣り人の前で


  露出プレイして


  興奮してたんだろ??」







そうそう、外の夜風が気持ちよくてさー・・・。


って、おーい!!


チガウカラー。





ただいま、紹介文で衝撃告白しています。
  ↓


(8位


顔公開の件ですが、コメントを見ているとですね、本当に申し訳ない気持ちで一杯で・・・。

だから、もう一度、日時を指定した上で公開しようと思います。

詳しい事はまた、後日、お知らせしますのでお見逃しなくー。


顔公開。 

残念ではありますが、


23時17分をもって顔公開を終了します。


まあね、見てもしょうがないっすよ。


気持ち悪いし、顔(笑


顔が気になる方は、コメント欄を見てみてください。


みなさんのコメントで想像でも。



応援をよろしくお願いします。
  ↓


(9位

油断禁物。 

うつ伏せでくつろいでいると・・・。





ん??





変な違和感が・・・。


パンツが食い込むというか・・・、


Tバックになりつつあるというか・・・。








妹「もだえろー、もだえろー♪」







犯人はお前か (((( ;゚Д゚))) 。





そこには、必死にズボンを僕のお尻に食い込ませる妹の姿が。


少しでも隙を見せようものなら、この有様です。


いつの日か、家庭内の監視もセコム。


なーんて時代が来るのかもしれません。


僕の安全を守っておくれー。



応援をよろしくお願いします。
  ↓


(8位


最後に、10以内に入りましたので不本意ながら約束どうり
このきもーい顔を曝そうと思います。
ただし、金曜から日曜にかけての夜間帯に1時間限定でゲリラ的に
公開する予定なのでご了承ください。

小学生から受けたセクハラ。 

今日のお話は妹が小学校5年生??ぐらいの時の話です。


その頃、僕は中学2年生でした。


まだ、あの頃は妹の暴虐とは


無縁の平和な時代だったな・・・(遠い目。


過去を振り返っても、もう戻らない・・・。


残酷な言葉ですねえ。


まあいいや、本題。


これから話そうとする日に時計を戻してみましょう。


あの日はですね、


僕が中学から帰ると、既に帰ってきていたんですね、妹。


そんな妹と話していると、その日に妹が受けた


保健体育のお話になったんですよ。


で、なにを思ったか急に妹が






妹「ぺ○スって言うんでしょ??

 
  ち○ち○のことを!!」





そんなこと言い出すもんだから、






僕 ((( ;゚Д゚)))エ・・・エエー!!







うろたえるしかない僕。


詳しく聞くと、先生が、






「今日以降はち○ち○のことは


 正しい専門用語、


ペ○スって言いなさい。」






なんて教えたらしい。


そんなセクハラ用語教えていいの??


てか、セクハラだろ??


ち○ち○よりぺ○スの方が断然響きが卑猥だし・・・。


でね、妹は矢継ぎ早に質問を繰り出してきたんですよ。






妹「マスターべーショ○って何??


  お兄ちゃんもするの??」







僕 ((( ;゚Д゚))) こ、これ以上お兄ちゃんを


         追い詰めないでおくれー。







無知とは時に残酷な結果をもたらしますよ・・・えぇ。


これって逆セクってやつですよね??


犯罪の一種ですよね??


それにしても、よくよく考えると、


もうこの時点からあらゆる素質を秘めてたんでしょうね、妹さん。


早く気付いていれば・・・(涙



嬉しい事に10位以内にめでたく入る事ができました(涙
今後とも頑張って妹の観察日記を記録していこうと思いますので、
応援よろしくお願いします。
  ↓


食い込んでるらしいよ・・・。 





自己紹介工場



   ↑

名前を入力すると、勝手に自己紹介を作ってくれるんだとか。


なんだか面白そう。


実際にやってみた(協力者 妹)。


まずは僕の名前から。




焼肉を食べに行ったら自分だけハライタになる


おぎょいる(実際は実名で入力してます。)です。


よろしく。







僕「ふ・・・ふつう・・・。」



妹「本当に、お前はつまらん、つまらん奴だ。


  面白みも何もない普通の人間だよね。」





僕「な・・・何もいえません・・・。」



次に妹の名前を入力してみた。




ネットでもいじられキャラな


妹(実際は実名を入力しています)です。


よろしく。






僕「へえ、意外だね・・・そうだったんだ。

  
  知らなかったよ。」




妹「いやいや、それ、明らかに兄ちゃんやろ??」




僕「な・・・何もいえません・・・。」




うーん、なんか面白くないってことで、おかんの名前も入力してみた。




歩いているだけでパンツがおしりに食い込む


おかんです。


よろしく。







兄・妹 絶句 。





妹「き・・・気持ち悪い・・・。」




僕「想像したくない・・・。」



妹「き・・・汚い・・・。」





きーずいちゃった、きーづいちゃった、わーいわい♪



親に関連するリアルな下ネタを聞いちゃうと、


リアルに困っちゃうよね。


パフッ。


本当にいろんな意味で残酷だと感じた一日でした。


  
↓ 紹介文を過激にしてみました(笑



(大学生カテゴリーの空洞化が激しいデス。

兄妹の絆。 

僕らってね、何だかんだ言って、すごく仲がいいんですよ。


どれくらい仲がいいかって??







一緒に受験して、


一緒に受験に失敗するくらい。









ね??こんなに仲が良い兄妹なんて稀だよ??


仲良すぎだよー。


あ、受験は受験でも検定試験じゃないよ??


妹は高校受験、僕は大学受験。


僕は浪人してしまったがために、


妹と就職活動、卒業式が被っちゃう。


仲が良すぎて本当に困っちゃうよ。


あまりにも感動的な兄妹の絆に涙出ちゃうよー。


そうそう、思い出した。


先日あった検定試験・・・。






見事に兄妹そろって不合格。







やべー、やべーよ、やばすぎるよー。


さすがにね、これ以上仲良くなってしまうと、


今後の人生に支障をきたしちゃうよね。


きっとね、





負の連鎖




って書いて兄妹の絆って読むんだと思うよ。


僕らの場合は。





  
↓ 紹介文、また、変えてみました。過激です・・・(笑



(金のエンジェルが欲しいよー。

彼女が欲しい(切実だよ)。 



妹「可愛い袋をみつけて買ってきたのー♪


  兄ちゃんにも一枚あげるよ??


  どう??」





僕「いらない。」





素っ気無く即答する僕。


そんなものには興味がないんだ、ごめんね妹よ。




妹「ふーん、





   コンドーム入れにちょうどいい


   と思ったんだけどなー♪」









僕 ((( ;゚Д゚)))エ・・・エエー!!






妹「きっと、携帯するのに便利だよー♪


  袋もかわいいしー♪」







ははははは、心配後無用。


コンドームなんて


持ってないんだから、お兄ちゃん。


持ってないんだからね・・・・・多分。


だから、そんな大声で親の前で言わないでおくれ。


僕・・・困っちゃうから・・・。



  ↓紹介文、デトロイト・メタル・シティ風に過激にしてみました(笑



(10位以内に入ったら僕の気持ち悪い顔の公開ダー。

妹が書くブログ。 

友達に一緒にブログをしようと誘われたという妹さん。


断ったらしいのだけど、もしも書くとしたらどんな内容になるんだろうか??


気になる。


だから聞いてみた。



僕「もしも、ブログを書くとしたらどんな内容にするの??」




妹「うーん、そうやなー。

  
  題名は『食いしん坊日記』で、内容は、


  今日の昼ごはんはカツ丼でした。


  今日のおやつはラーメンでした。


  今日の晩御飯はめざしでした。


  肉食わせろよ。


  明日のおやつはパフェとクレープを食べたいです。


  晩飯は、意地でもステーキ肉を食べます。


  って感じかな??」





ははははは・・・。


なんだろう、この食に対する妹の執念というか・・・。


切迫感というか・・・。


それにしても、晩御飯だけ、なぜか質素なメニューが


チョイスされている事がすごく気になります。


  
  ↓応援クリックお願いします。



(目指せ、10位以内!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。